新型コロナウイルスなどの感染症対策のためのご家庭でのごみの捨て方

家庭ごみを出すときに心がける5つのこと

その1 ごみ袋はしっかり縛って封をしましょう!

ごみが散乱せず、収集運搬作業においてごみが運びやすくなります。

その2 ごみ袋の空気を抜いて出しましょう!

収集運搬作業においてごみ袋を運びやすくして、収集車での破裂を防止できます。

その3 生ごみは水切りをしましょう!

ごみの量を減らすことができます。

その4 普段からごみの減量を心がけましょう!

購入した食品は食べきるなど、ごみを出さないことも大切です。

家庭での食事機会が増える中、料理を楽しみながら、できることがあります。

環境省の「食品ロスポータルサイト」をご覧ください。

新型コロナウイルスなどの感染症対策としての家庭でのマスクなどの捨て方

新型コロナウイルスなどの感染症に感染した人や、その疑いのある人などが家庭にいる場合、鼻水などが付着したマスクやティッシュなどのごみを捨てる際は、以下の捨て方に沿って捨ててください。

  • ごみに直接触れない
  • ごみ袋はしっかりしばって封をする
  • ごみを捨てた後は手を洗う
     

この心がけにより、家族だけでなく、近隣の人たちやごみ収集作業員にとっても、新型コロナウイルスなどの感染症対策として有効ですので、ご協力をお願いします。詳しくは、以下の環境省のチラシを確認してください。