特定健診を受診していない人への情報提供依頼について(特定健診未受診者医療情報収集事業)

特定健診未受診者医療情報収集事業について

太宰府市は、40歳から74歳までの国保加入者を対象に特定健診を実施し、その検査結果をもとに健康づくりの施策を行っています。

医療機関に治療中等の理由で特定健診を受けていない人については、検査結果のデータがありません。そこで、みなさまの同意を頂いた上で、検査結果を提供していただき、今後の市民の健康づくりに活かしていくため、情報収集事業を行っています。

提供していただいた検査結果により、本市における健康と医療の傾向を分析することで、医療機関と連携した重症化予防、保健指導の充実及び特定健診の受診率向上の取組み等を効果的に行うことができます。

(注意)本事業は福岡県国民健康保険団体連合会に委託しています。

 

医療機関で受診された検査結果で特定健診の検査項目が揃っている人に対して、検査結果の情報提供をお願いする文書をお送りする場合があります。今年度は11月から12月頃にお送りする予定です。

なお、情報提供には本人の同意及び医師の確認が必要です。また、情報提供は任意で強制ではありません。また、情報提供をするにあたって費用は一切かかりません。

 

【情報提供のながれ】

(1)情報提供依頼の手紙が届いたら、内容をご確認ください。

(2)「質問票兼同意書」の問診票にご回答いただき、同意欄に必要事項を記入してください。
(注意)「情報提供票」は何も記入しないでください。

(3)「質問票兼同意書」及び「情報提供票」を、情報提供票に記載されている医療機関に提出してください。

 

情報提供フロー図

情報提供依頼の手紙が届いた場合は、内容を十分ご確認いただき、可能な限り情報提供にご協力いただきますようお願いたします。

 

(注意)

 「情報提供票」は医療機関が記入するものです。何も書かずに医療機関にそのまま提出してください。

提出先は市役所ではなく、情報提供票に記載された医療機関です。市役所や情報提供票に記載されていない医療機関では受付できませんのでご注意ください。

この記事に関するお問い合わせ先
国保年金課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ