身体障害者手帳

身体などの機能に障がいがある人に対し、程度に応じて1級から6級の身体障害者手帳が交付されます。
この手帳を受けることで、各種福祉サービスや日常生活用具の給付、交通機関の割引、税の控除などの対象となります。

対象者

視力・聴力・平衡機能・音声・言語・肢体・心臓・じん臓・肝臓・ぼうこう・直腸・小腸・呼吸器・ヒト免疫に障がいがある人。

手続き

新規交付申請

初めて身体障害者手帳を申請する場合は、下記の必要書類等を持参のうえ、福祉課に申請してください。

申請に必要なもの

  1. 身体障害者手帳交付申請書 (用紙は福祉課にあります)

  2. 身体障害者診断書・意見書 (用紙(障がい別)は福祉課にあります)
    注意1:診断日から3カ月以内のもの。
    注意2:身体障害者福祉法第15条に基づく指定医師が記載したもの。障がい別に指定医師は異なりますので、詳しくは福祉課にご確認ください。

  3. 証明写真1枚 (縦4センチメートル・横3センチメートル、脱帽、正面上半身、1年以内撮影のもの、ポラロイド写真不可)

  4. 本人の個人番号がわかるもの (個人番号カード、通知カードなど)

  5. 本人・来庁者の身元確認ができる書類 (本人が15歳未満の児童の場合は申請者(保護者)分も必要)

  6. 印鑑 (みとめ印で可)

障害程度の変更・障害の追加・再認定のための再交付申請

すでに身体障害者手帳を持っていて、障がいの内容が変わったり、障がいが加わったりすることにより、再交付の申請をする場合は、下記の必要書類等を持参のうえ、福祉課に申請してください。

申請に必要なもの

  1. 身体障害者手帳再交付申請書 (用紙は福祉課にあります)

  2. 身体障害者診断書・意見書 (用紙(障がい別)は福祉課にあります)
    注意1:診断日から3カ月以内のもの。
    注意2:身体障害者福祉法第15条に基づく指定医師が記載したもの。障がい別に指定医師は異なりますので、詳しくは福祉課にご確認ください。

  3. 証明写真1枚 (縦4センチメートル・横3センチメートル、脱帽、正面上半身、1年以内撮影のもの、ポラロイド写真不可)

  4. 印鑑 (みとめ印で可)

  5. 現在お持ちの身体障害者手帳

  6. 本人の個人番号がわかるもの (個人番号カード、通知カードなど)

  7. 本人・来庁者の身元確認ができる書類 (本人が15歳未満の児童の場合は申請者(保護者)分も必要)

紛失・破損等による再交付申請

身体障害者手帳を紛失したり、破損したりした人は、再交付申請が可能です。下記の書類等を持参のうえ、福祉課に申請してください。

申請に必要なもの

  1. 身体障害者手帳再交付申請書 (用紙は福祉課にあります)

  2. 証明写真1枚 (縦4センチメートル・横3センチメートル、脱帽、正面上半身、1年以内撮影のもの、ポラロイド写真不可)

  3. 印鑑 (みとめ印で可)

  4. 現在お持ちの身体障害者手帳 (紛失した人以外)

  5. 本人の個人番号がわかるもの (個人番号カード、通知カードなど)

  6. 本人・来庁者の身元確認ができる書類 (本人が15歳未満の児童の場合は申請者(保護者)分も必要)

居住地・氏名の変更

手帳に記載されている内容(氏名、居住地の変更等)に変更が生じた場合は、障害者手帳を持って届け出てください。

申請に必要なもの

  1. 身体障害者居住地等変更届 (用紙は福祉課にあります)

  2. 印鑑 (みとめ印で可)

  3. 身体障害者手帳

  4. 本人の個人番号がわかるもの (個人番号カード、通知カードなど)

  5. 本人・来庁者の身元確認ができる書類 (本人が15歳未満の児童の場合は申請者(保護者)分も必要)

注意:氏名記載面にカバーシールが貼付された手帳をお持ちの人については、氏名が変更になった場合、再交付申請が必要となります。上記のものに加え、写真(縦4センチメートル・横3センチメートル、脱帽、正面上半身、1年以内撮影のもの、ポラロイド写真不可)を1枚お持ちください。 

返還

手帳の交付を受けた人が、死亡した場合、新しい手帳が交付された場合、また、障がいの状態がなくなったと認められる場合は速やかに障害者手帳を持参のうえ届け出てください。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-925-0294
メールフォームでのお問い合わせ