障がい児通所支援

障がいや発達に遅れのある児童を対象にしたサービスです。

サービスの種類

障がい児を対象としたサービス一覧
サービス名 内容
児童発達支援 未就学の障がい児に、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練等を行います。
医療型児童発達支援 未就学の肢体不自由の障がい児に、児童発達支援及び治療を行います。
放課後等デイサービス 就学中の障がい児に、授業の終了後または夏休み等の長期休み中に、生活能力向上のために必要な訓練、社会との交流促進等を行います。
保育所等訪問支援 保育所等に通う障がい児に、その施設を訪問し、集団生活への適応のための専門的な支援等を行います。

利用者負担

サービス利用の費用は1割負担になります。

注意:ただし、世帯(保護者の属する住民基本台帳での世帯全員)の所得に応じて負担上限月額が設定されます。

障がい児の負担上限月額一覧
世帯の所得区分 負担上限月額
生活保護受給世帯 0円
市町村民税非課税世帯 0円
市町村民税課税世帯(所得割28万円未満) 4,600円
上記以外 37,200円

利用までの流れ

障がい児通所支援を利用するにあたっては「サービス等利用計画」の作成が必要です。

「サービス等利用計画」とは、サービス利用者のニーズを聞き取り、課題の解決や、適切なサービス利用を支援するために作成するものです。
作成された「サービス等利用計画」は市がサービスの支給決定を行うときに参考とするほか、支援にかかわる人たちの「共通目標」となります。

「サービス等利用計画」は、市町村が指定する「指定障害児相談支援事業所」に所属する相談支援専門員が作成します(障がい児相談支援)。
相談支援事業所への相談や、計画作成には利用者の費用負担はありません。(ただし、相談支援員の訪問にかかる交通費等の実費負担が発生する場合があります。)また、受け入れ可能かについては、事前に各事業所へご相談ください。

相談支援事業所に依頼せず、本人や家族、支援者等が作成することもできます(セルフプラン)。

障がい児相談支援を利用する場合

  1. 施設見学
  2. 市へ相談・申請
  3. サービス等利用計画案の提出依頼
  4. 相談支援事業所と利用契約 (申請者の自宅等を訪問)
  5. サービス等利用計画案の作成・提出
  6. 障がい児通所支援の支給決定・受給者証の交付
  7. 利用計画の作成・提出
  8. サービス提供事業所と契約
  9. サービスの利用開始
  10. モニタリング(定期的に行います)

セルフプランを提出する場合

  1. 施設見学
  2. 市へ相談・申請
  3. サービス等利用計画案の提出依頼
  4. セルフプラン様式の請求
  5. セルフプランの作成・提出
  6. 障がい児通所支援の支給決定・受給者証の交付
  7. サービス提供事業者と契約
  8. サービスの利用開始 

手続き

次のものを福祉課に持参のうえ申請してください。

初めて申請する人は、他に必要な書類がある場合がありますので、事前に福祉課にご確認ください。

申請に必要なもの

  1. 申請書(様式は福祉課にあります)
  2. 世帯収入等申告書(様式は福祉課にあります)
  3. サービス等利用計画案もしくはセルフプラン
  4. 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳など(障がいを証明する書類)
  5. 障がい児本人及び申請者(保護者)のマイナンバーがわかる書類(通知カードまたはマイナンバーカードなど)
  6. 申請者(保護者)の身元確認書類
  7. 代理の方が来庁される場合は、来庁者の身元確認書類
  8. 印鑑
  9. その他必要書類
この記事に関するお問い合わせ先

福祉課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-925-0294
メールフォームでのお問い合わせ