避難行動要支援者避難支援制度について

災害時に自力で避難することが困難な障害のある方や高齢者などが、万一の際、地域における助け合いにより、安全に避難等していただくための制度です。これは、地域における共助を基本とした要支援者の支援体制を整備して、安心して暮らせるまちづくりを推進するものです。

対象となる方(避難行動要支援者)

・75歳以上のひとり暮らしの人、または75歳以上のみの世帯
・要介護3以上の人
・身体障害者手帳1・2級の交付を受けているひとり暮らしの人
・療育手帳Aの交付を受けているひとり暮らしの人
・精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けているひとり暮らしの人
・その他、避難支援が必要と認められる人(日中のみひとりの高齢者、難病患者、妊婦、外国人など)
在宅の人を対象としていますので、施設や病院等に長期に入所、入院されている人は対象になりません。
 

支援を行う方(避難支援等関係者)

避難支援等関係者とは、消防機関や警察、自治会等の避難行動要支援者に対して避難支援等を行う方をいいます。避難支援等関係者の例は次のとおりです。

消防機関
警察
自治会、自主防災組織
民生委員・児童委員
避難行動要支援者や自治会が指名する個人支援者

申請書の提出先

申請書は下記の窓口に設置しております。
太宰府市福祉課、高齢者支援課、防災安全課
地域包括支援センター

登録を希望する方は、申請書に必要事項を記入し、提出をお願いします。

申請書は下記よりダウンロードすることもできます。
 

個人情報の外部提供に対する同意について

避難支援の登録を希望する際に、自身の個人情報を避難支援等関係者へ提供することに同意いただく必要があります。
同意いただいた個人情報は避難行動要支援者避難支援事業にのみ利用します。

注意事項

災害時には市や防災関係機関が、避難広報など、様々な災害支援活動を行います。しかしながら、地震等の大規模災害時には、これら公的機関による活動にも限界があり、地域住民の助け合い(共助)が被害を最小限に抑える大きな力になります。
この制度はいざというときのために、避難行動要支援者の情報を平常時から避難支援等関係者で共有し、地域の連携を強めるための活動です。支援を希望する方自身も、普段から地域の方とコミュニケーションを心がけるなど、支援を受けやすい関係づくりにご協力をお願いします。
また、地域の支援者には自治会が含まれます。未加入の方はぜひ自治会に加入しましょう。
しかしながら、関係者に情報を提供していても災害の状況によっては、支援を受けられない場合もあります。また、そのことについて支援する方が責任を負うものではありません。

この記事に関するお問い合わせ先
防災安全課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。