第10回特別弔慰金

戦後70周年に当たり、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表するため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(記名国債)が支給されるものです。  

支給対象者

平成27年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける人(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による最先順位のご遺族お1人に支給されます。

支給順位及び支給対象者
順位 支給対象者と支給要件
(1) 平成27年4月1日までに「戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金」の受給権を取得した人
(2) 戦没者等の子
(3)から(6) 次の要件を全て満たす(3)父母(4)孫(5)祖父母(6)兄弟姉妹
・戦没者等の死亡当時、戦没者等と生計関係を有していた。
・平成27年4月1日時点で戦没者等の遺族以外の人と、氏を改める婚姻をしていない、事実上の婚姻関係にない、養子になっていない。なお、戦没者等の死亡日前に行った婚姻や養子縁組が平成27年4月1日時点で継続している場合は問題ありません。
(7)から(10) 上記(3)~(6)の要件を満たさない(7)父母(8)孫(9)祖父母(10)兄弟姉妹
(11) 戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上戦没者等と生計関係を有していた人で、戦没者等の葬祭を行った三親等内親族
(12) 戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上戦没者等と生計関係を有していた人で、戦没者等の葬祭を行わなかった三親等内親族

戦没者等の死亡当時に生まれていることが要件です。なお、子は戦没者等の死亡当時の胎児も含まれます。
先順位の人が、後順位の人に権利を譲ることはできません。   

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債
平成28年から32年まで、毎年1回、償還日(4月15日)以降に年5万円を受け取ることができます。

平成32年4月1日を基準日とする特別弔慰金については、平成32年4月1日から請求受付が開始される予定です。   

請求期間・窓口

平成27年4月1日から平成30年4月2日まで ・ 請求者がお住まいの市区町村

請求期間を過ぎると受付できません。   

必要書類

・第9回以前の支給を受けた人が請求される場合
(1)印鑑(2)請求者の戸籍抄本(3)請求同意書(同順位の権利者が複数いる場合)

前回の請求状況や親族状況等によって他の戸籍や書類が必要となる場合がありますので、まずは、請求者がお住まいの市区町村の担当課にお問い合わせください。
請求書関係は下記の担当窓口に備え付けています。   

太宰府市の担当窓口

福祉課福祉政策係(内線363)  
 

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-925-0294
メールフォームでのお問い合わせ