戦没者等の遺族に対する第十一回特別弔慰金

戦後70周年という節目の機会をとらえ、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表するため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(記名国債)が支給されるものです。  

請求期間

令和2年4月1日(水曜日)から令和5年3月31日(金曜日)まで

(注意)請求期限(令和5年3月31日)を過ぎると、第十一回特別弔慰金を受ける権利がなくなります。

受付開始当初(令和2年4月・5月・6月)は、窓口の相当な混雑が予想されます

窓口が混雑し、お待ちいただく時間が発生することが予想されます。時期をずらしての来庁をご検討くださいますようお願い申し上げます。

請求窓口

請求者がお住まいの市区町村

支給対象者

・令和2年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける人(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による最先順位のご遺族お1人に支給されます。

支給順位及び支給対象者
順位 支給対象者と支給要件
(1) 令和2年4月1日までに「戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金」の受給権を取得した人
(2) 戦没者等の子
(3)から(6) 次の要件を全て満たす(3)父母(4)孫(5)祖父母(6)兄弟姉妹
・戦没者等の死亡当時、戦没者等と生計関係を有していた。
・令和2年4月1日時点で戦没者等の遺族以外の人と、氏を改める婚姻をしていない、事実上の婚姻関係にない、養子になっていない。なお、戦没者等の死亡日前に行った婚姻や養子縁組が令和2年4月1日時点で継続している場合は問題ありません。
(7)から(10) 上記(3)から(6)までの要件を満たさない(7)父母(8)孫(9)祖父母(10)兄弟姉妹
(11) 戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上戦没者等と生計関係を有していた人で、戦没者等の葬祭を行った三親等内親族
(12) 戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上戦没者等と生計関係を有していた人で、戦没者等の葬祭を行わなかった三親等内親族

戦没者等の死亡当時に生まれていることが要件です。なお、子は戦没者等の死亡当時の胎児も含まれます。
先順位の人が、後順位の人に権利を譲ることはできません。   

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債
令和3年から令和7年まで、毎年1回、償還日(4月15日)以降に年5万円を受け取ることができます。

請求関係資料

・必要書類
(1)請求書
(2)印鑑等届出書
(3)現況申立書
(4)請求者の戸籍抄本(令和2年4月1日現在のもの)
(5)印鑑(記名国債の償還手続に使用するもの。シャチハタ印やスタンプ印、手作り印は不可)
(6)本人確認書類 (運転免許証など公官署発行の顔写真付のもの。顔写真付のものがない場合は、健康保険証と年金証書など2点)
(7)その他の必要書類

(注意)(1)~(3)の資料につきましては、福祉課窓口にてお渡しいたします。
(注意)(7)のとおり、請求者や親族の状況等によって他の戸籍や書類が必要となる場合があります。
(注意)請求者が居住する市区町村での受付になります 。

・請求者の来庁が困難な場合は委任状の提出により、受任者による手続きが可能です。この場合、窓口にて受任者の身分証(運転免許証など)の確認を行います。

(注意)受任者が手続する場合も請求者の居住する市町村での受付になります。
(委任状の書式は下記よりダウンロードできます)

第11回特別弔慰金ポスター

太宰府市の担当窓口

福祉課福祉政策係(内線363)  
 

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-925-0294
メールフォームでのお問い合わせ