国保税を滞納したとき

1.納期限が過ぎると督促が行われます。延滞金等が加算されるほか、財産の差し押さえ(滞納処分)が行われる場合があります。

2.前年度以前の国保税を滞納すると、資格証明書または有効期限が短い短期保険証が交付されます。

3.資格証明書は国保の被保険者であることを証明するものですが、保険証ではありませんので、医療費が全額自己負担しなければいけません。

なお、支払った医療費の7割分は申請により特別療養費として市に請求することができますが、滞納分に充てられる場合があります。

国保税の支払い(納付)に困ったときは… (納税相談)

滞納をそのままにしておくと、、督促料や延滞金も加算され滞納額が膨らみます。このような場合は、お早めに納税課(市役所1階11番窓口)にて納税相談を行ってください。

口座振替にすると、納付もれの心配がなくなりますので、ぜひご利用ください。

この記事に関するお問い合わせ先
国保年金課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ