高額療養費貸付制度とは。

   自己負担限度額を超える医療費の9割を無利子で貸し付ける制度です。

   ひと月で、その医療機関の医療費が高額になり、限度額適用認定証を利用できなかった場合に貸付制度を利用できます。 貸し付けが認められると、自己負担限度額を超えた医療費の9割を市から医療機関に支払います。 残りの1割は医療費審査後に、国保世帯主へ返還されます。

手続きの流れ

   (1)申請書を受け取り、必要事項(医療機関記入箇所あり)を記入して、貸付額以外の医療費を 支払った領収書を添えて市へ提出。
  (2)市が診療報酬明細書を確認後、貸付額を病院へ振り込む。
  (3)自己負担限度額を超える医療費の約1割が世帯主口座へ振り込まれる。(振込みまでに約3カ月期間を要します。)

この記事に関するお問い合わせ先
国保年金課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ