ジェネリック医薬品とは?

   ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、先に開発された医薬品と同じ有効成分を同じ量含み、効能・効果、用法・用量が同一であり、同等の効果・作用が得られると、国が承認した医薬品です。ジェネリック医薬品を利用することによる薬代の節約効果は、薬を長期間服用する場合ほど大きくなるメリットがあります。また、その効果は国保財政の安定にもつながり将来にわたり医療の質と国民皆保険制度の維持に貢献できます。

   ジェネリック医薬品を希望する場合、病院や保険薬局で医師(薬剤師)にその旨をお伝えください。

この記事に関するお問い合わせ先
国保年金課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ