子どもが生まれたときの補助 (出産育児一時金)

   国保加入者が出産したときは出産育児一時金が支払われます。 ただし、健康保険(協会けんぽ等)の本人が退職後6カ月以内に出産したときは、在職時の健康保険者に出産育児一時金を請求してください。

   直接支払制度を利用すると、最高42万円まで(産科医療保障制度未加入の医療機関での出産は40万4千円まで)の出産費は医療機関から請求されません。

   なお、直接支払制度を利用しない場合(全額自己負担)または出産費が42万円(産科医療保障制度未加入の医療機関での出産は40万4千円)未満で差額がある場合は、申請により、国保世帯主に出産育児一時金の全額または一部が支給されます。

この記事に関するお問い合わせ先
国保年金課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ