介護保険で利用できるサービスと料金の目安

介護保険には、自宅での介護を支援する在宅サービスと、施設に入所してサービスを利用する施設サービスがあります。
(利用者は表示金額の1割又は2割を負担します)
注意:下記表示金額は、地域区分の差は勘案していません。

在宅サービスの場合

自宅を訪問するサービス

自宅を訪問するサービス
訪問介護
(ホームヘルプサービス)
ホームヘルパーや介護福祉士などが家庭を訪問して食事、入浴、排せつの介助や、炊事、掃除、洗濯といった家事など日常生活の手助けを行います。

・要支援者
定額12,456円
から39,512円

・要介護者
1回につき
身体介護2,593円
(20分以上30分未満)
生活援助1,939円
(20分以上45分未満)

訪問入浴 入浴が困難な寝たきりの高齢者の自宅に、入浴設備や簡易浴槽を積んだ移動入浴車などで訪問し、入浴の介助を行います。

要支援者
1回につき8,719円

要介護者
1回につき12,762円

訪問看護 訪問看護ステーションの看護師、保健師が自宅を訪問し、主治医と連絡をとりながら、病状の観察、入浴や排せつの介助、褥そうの手当などを行います。

・医療機関からの訪問
(20分未満)2,603円

・訪問看護ステーションからの訪問
(20分未満)3,226円

訪問リハビリテーション 理学療法士や作業療法士が自宅を訪問し、日常生活の自立を助けるための機能訓練を行います。 1回につき3,101円
(20分間リハビリテーションを行った場合)
居宅療養管理指導 医師、歯科医師、薬剤師が自宅を訪問し、医学的な管理や指導を行います。 5,000円
(1月につき2回まで)

日帰りで施設に通うサービス

日帰りで施設に通うサービス
通所介護(デイサービス) デイサービスセンター等に通い、入浴、食事の提供等が利用できます。(食費等は別途負担あり)

要支援者
月定額21,283円から42,638円

要介護者
介護度に応じ1日につき6,104円から10,403円
(5時間以上7時間未満)
往復送迎含む)

通所リハビリテーション(デイケア) 主治医の判断に基づき、介護老人保健施設や医療機関に通い、できる限り自立した日常生活を送るためのリハビリテーションを受けることができます。(食費等は別途負担あり)

要支援者
月定額24,530円から49,100円

要介護者
介護度に応じ1日につき6,824円から12,926円
(6時間以上8時間未満)

施設に短期入所するサービス

施設に短期入所するサービス(ショートステイ)
短期入所生活介護 特別養護老人ホーム等に短期間入所して、入浴、排せつ、食事等の介護が受けられます。
(食費・居住費等の別途負担あり)

介護老人福祉施設(併設型・多床室)の場合

要支援者
1日につき5,059円から6,225円

要介護者
1日につき6,915円から6,915円

短期入所療養介護 治療の必要がある場合に、介護職員が配置された病院などに短期間入所し、介護・機能訓練等が受けられます。
(食費・居住費等の別途負担あり)

介護老人保健施設(多床室)の場合

要支援者
1日につき6,205円から7,767円

要介護者
1日につき8,375円から10,576円

特定短期入所療養介護 病状が安定期にある在宅の要介護者が介護老人保健施設や介護療養型医療施設等に短期間入所し、看護や医学的管理下における介護・機能訓練、その他必要な医療・日常生活上のサービスが受けられます。 難病やがん末期の要介護者が利用された場合
12,675円
(6時間以上8時間未満)

福祉用具の貸与・購入や住宅改修

福祉用具の貸与・購入や住宅改修
福祉用具貸与 車いす、特殊寝台等の福祉用具が借りられます。
(介護度に応じて品目に限りがあります)
1ヶ月あたり福祉用具貸与に要した費用
福祉用具購入 腰掛便座、入浴用いす等の福祉用具の購入費が支給されます・ 支給限度額
年間10万円
住宅改修 住宅の手すりの設置、段差解消等の住宅改修費用が支給されます。 支給限度額
20万円
1人当たり原則1回限りとなります。

その他

その他
特定施設入所者生活介護
(介護付き有料老人ホーム等)
介護付き有料老人ホームで入浴、排せつ、食事等の介護が利用できます。
(食費・居住費等の別途負担あり)

要支援者
1日につき1,987円から4,593円

要介護者
1日につき5,678円から8,497円

地域密着型サービス

地域密着型サービス
小規模多機能型居宅介護 通所を中心に利用者の選択に応じて訪問や宿泊を組み合わせたサービスです。
認知症対応型共同生活介護(グループホーム) 認知症の要介護(支援)者が日常生活の支援を受けながら共同生活をします。
地域密着型通所介護 利用人数18人以下の小規模なデーサービスです。

施設サービスの場合

 

施設サービス
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) 常時介護が必要で、在宅での生活が困難な人が入所して、日常生活上の支援や介護を受けます。
介護老人保健施設(老人保健施設) 状態が安定している人に対し、在宅復帰できるようにリハビリテーションを中心とした介護を行います
介護療養型医療施設(療養病床等) 急性期の治療を終え、長期の療養を必要とする人のための医療施設です。
この記事に関するお問い合わせ先

高齢者支援課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-925-0294
メールフォームでのお問い合わせ