熱中症に気をつけて

熱中症は予防が大切です

熱中症は、高温多湿な環境で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより体内に熱がたまることにより、発症します。
めまい、筋肉痛、大量の発汗、頭痛、倦怠感、吐き気、けいれんなど様々な症状が起こり、生命に危険が及ぶこともあります。熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう。

こんなときは熱中症に注意

気温が高い日が続く、 7 月から 8 月は最も熱中症が発生しやすい時期です。
「気温が高い」「急に暑くなった」「風が弱い」「湿度が高い」日は特に注意しましょう。
熱中症は気温などの環境条件だけでなく、体調や体温調節がうまくいっていない時にも起こるので、気温がそれほど高くない日や室内でも熱中症の危険があります。
高齢者や、体温調節機能が発達していない子どもや障がい者、疾患をお持ちの方は特に注意が必要です。

熱中症の予防法

熱中症予防の基本は「水分補給」と「暑さを避けること」です。
熱中症の予防方法等の詳しい情報については、厚生労働省が 熱中症予防啓発リーフレット(PDF:2MB)を作成していますので、ぜひご活用ください。

この記事に関するお問い合わせ先

元気づくり課 保健センター 〒818-0125 福岡県太宰府市五条三丁目1番1号1階 電話番号:092-928-2000 ファクス番号:092-920-7143
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。