マダニ・デング熱・ジカウイルス感染症に注意しましょう

マダニに注意しましょう

平成27年5月19日、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の患者が福岡県内ではじめて確認されました。
SFTSの主な感染原因は、ウイルスを保有しているマダニに咬まれることとされています。(すべてのマダニがこのウイルスを保有しているわけではありません。)

マダニは、春から秋にかけて活動が活発になりますので、感染を予防しましょう。

詳細な情報は福岡県のホームページに掲載されています
マダニによる感染症について(福岡県のホームページへ)

 

 

デング熱・ジカウイルス感染症に注意しましょう

デング熱やジカウイルス感染症は、主に、感染した人の血を吸った蚊に刺されることによって感染します。

蚊から病気をうつされないためには、

  1. 蚊に刺されない
  2. 蚊をできるだけ発生させない

ことが重要です。

屋外で活動する場合は、長袖・長ズボンを着用したり、虫除けスプレー等を使い、蚊を近づけないように
し、お住まい等の周囲に小さな水たまりを作らないようにしましょう。


デング熱・ジカウイルス感染症について(厚生労働省ホームページより) デング熱についての詳しい説明が掲載されています。
デング熱について(厚生労働省ホームページへ)

ジカウイルスについての詳しい説明のほか、Q&Aが掲載されています。
ジカウイルスについて(厚生労働省ホームページへ)

この記事に関するお問い合わせ先

元気づくり課 保健センター 〒818-0125 福岡県太宰府市五条三丁目1番1号1階 電話番号:092-928-2000 ファクス番号:092-920-7143
メールフォームでのお問い合わせ