子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ

現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。

接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。

平成25年6月14日に「平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)」において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン接種後に特異的に見られた時から同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきでないとされました。(詳細については厚生労働省のホームページをご覧ください。)
詳細な情報が分かり次第、ホームページや広報等で市民の皆様にお知らせしていきます。

接種について
・対象年齢:12歳になる年度(小学6年生)~16歳になる年度(高校1年生相当)
・接種回数:3回
・接種方法:1回目の接種から1月もしくは2月後(ワクチンの種類により異なります)に2回目を接種し、1回目の接種から6月後に3回目を接種(1回目からおおむね1年以内に3回目を接種)

 

この記事に関するお問い合わせ先

元気づくり課 保健センター 〒818-0125 福岡県太宰府市五条三丁目1番1号1階 電話番号:092-928-2000 ファクス番号:092-920-7143
メールフォームでのお問い合わせ