風しんの予防接種はお済みですか

風しんとは

風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の発疹性感染症で、免疫が不十分な妊娠20週頃までの妊婦が風しんウイルスに感染すると、生まれてくる赤ちゃんが眼・耳・心臓などに病気を持つ「先天性風しん症候群」という病気にかかることがあります。
妊婦への感染を防ぎ、先天性風しん症候群の発生を予防するため、風しんの予防接種を受けることが大切です。

風しんの追加的対策が始まります

令和4年3月31日までの間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日に生まれた男性が、国が定める風しんの定期予防接種の対象者として追加されました。

この世代は、風しんの公的な予防接種を受ける機会がなかった世代であり、抗体保有率が女性や他世代より低くなっています。

まずは、風しんへの抵抗力を確認するため、抗体検査を受けましょう。

 

対象者及びクーポン券受領方法

1.昭和47年4月2日から昭和54年4月1日に生まれた男性
クーポン券は、6月初旬に郵送でご自宅に届きます。郵送で届かない方、最近太宰府市に転入してきた方は、保健センターまでお問合せください。

2.昭和37年4月2日から昭和47年4月1日に生まれた男性
クーポン券は郵送では届きません。保健センターにお問合せの上、クーポン券の発行手続きを行ってください。

受診方法
医療機関又は職場や市の健康診断の際にクーポン券を持参のうえ抗体検査を実施し、免疫が不十分と判明した人は、医療機関で予防接種を実施してください。

実施医療機関
クーポン券を利用して、抗体検査・予防接種を受けることができる医療機関はこちらをご参照ください。なお、実施医療機関は随時更新されますので、ご確認ください。

料金
料金は、抗体検査、予防接種とも無料です。

 

風しんの予防接種費用を助成します

太宰府市では、前述の対象者以外でも、下記の対象者で風しん抗体検査を受けて抗体価が低かった場合は、1人につき1回、10,000円を上限に予防接種の助成を受けることができます。

対象者
太宰府市内在住で、風しん抗体検査の結果、免疫が不十分と判明した以下の人。

  1. 妊娠希望者(妊婦は除く)
  2. 妊娠希望者及び妊婦の配偶者(パートナーを含む)
  3. 妊娠希望者及び妊婦の同居者(生活空間を同一にする頻度が高い家族など)

【注意事項】

  • 2および3は、妊娠希望者及び妊婦が風しん抗体検査で免疫が不十分と確認された場合に限ります。
  • 免疫が不十分とは、HI法による検査で32倍未満又はEIA法による検査で8.0未満等です。

助成金額
接種1人1回当たり10,000円又は実際に予防接種に要した額のいずれか少ない額を上限とする。

申請方法
次の必要書類、印鑑を持参の上、保健センター窓口(太宰府市五条3丁目1番1号)に予防接種を受けた日の属する年度の3月の末日までに申請してください。

  1. 太宰府市風しん任意予防接種助成金交付申請書兼請求書(ワード:22.6KB)
  2. 被接種者の風しん抗体検査の結果票
  3. 対象予防接種に要した費用が確認できる書類(領収書など)
  4. 対象予防接種を受けた日が確認できる書類(予診票の写しなど)
  5. 妊娠希望者及び妊婦の配偶者、パートナー、同居者(生活空間を同一にする頻度が高い家族など)が接種する場合は、当該妊娠希望者及び妊婦の風しん抗体検査の結果票
  6. その他市長が必要と認める書類

 【注意事項】

  • 助成の対象は、平成31年1月1日以降に接種したものに限ります。
  • 現在妊娠中の人は予防接種は出来ません。
この記事に関するお問い合わせ先

元気づくり課 保健センター 〒818-0125 福岡県太宰府市五条三丁目1番1号1階 電話番号:092-928-2000 ファクス番号:092-920-7143
メールフォームでのお問い合わせ