私は、平成30年中にパート収入がありました。私自身の税金や夫(あるいは妻)の配偶者控除はどうなりますか?

あなた自身の税金についてですが、パート収入は通常、給与所得となり、市・県民税と所得税の対象となります。あなたの収入がパート収入のみで控除は基礎控除のみの場合、パート収入が96万5千円以下であれば税金はかかりません。しかし、これを超えると市・県民税の均等割が、また100万円を超えると市・県民税の所得割が、103万円を超えると所得税がかかることとなります。市・県民税の均等割と所得割についてはこちらをご覧ください。
配偶者控除と配偶者特別控除についてですが、あなたの配偶者とあなたの所得に応じて控除額が変わります。まず、あなたの配偶者の合計所得金額が1,000万円を超える場合は、いずれの控除も受けることができません。次に、あなたのパート収入が103万円以下であれば配偶者控除を受けることができます。103万円を超えて201万6千円未満の場合は配偶者特別控除を受けることができます。配偶者控除と配偶者特別控除の具体的な金額については、こちらをご覧ください。
以上のことを表にすると、次のようになります。

パート収入があるとき
パート収入 市・県民税
均等割
市・県民税
所得割
所得税 配偶者(特別)控除(注意1)
96万5千円以下 かからない

かからない

かからない 配偶者控除のみ受けられる
96万5千円超
100万円以下
かかる
100万円超
103万円以下
かかる
103万円超
201万6千円未満
かかる 配偶者特別控除のみ受けられる
201万6千円以上 控除なし

注意1:配偶者の合計所得金額が1,000万円を超える場合は、いずれの控除も適用を受けることができません