地価の下落によって土地の評価額が下がっているのに、税額が上がるのはおかしいのではないでしょうか。

土地の評価額が下落しても、負担調整措置という制度によって税額が上がる場合があります。
負担調整措置は平成6年度に導入された制度です。当時は地価公示価格と比べて固定資産評価額が非常に低く抑えられていたことから、固定資産評価額を地価公示価格の7割を目途にするよう見直されました。この見直しにより税負担が急増することを避けるため、現在の税額が本来支払うべき税額に満たない場合にはゆっくりと税額を上昇させる負担調整措置が導入されました。
ご質問のケースでは、評価額が下落してもなお本来支払うべき税額に満たなかったため、税額が上昇したものと思われます。

この記事に関するお問い合わせ先
税務課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ