戸籍の謄本(全部事項証明)と抄本(個人事項証明)の違いはどのようなものですか

  謄本は、戸籍の原本の全部を写し証明したもので、抄本は、戸籍の原本の一部を写し証明したものをいいます。
  抄本は一般的に、その戸籍に記載のある中の一人を証明する場合が多いようですが、二人や三人の証明もできます。
  現在では、電算化されていますので謄本を全部事項証明、抄本を個人事項証明と呼んでいます。

この記事に関するお問い合わせ先
市民課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ