軽減税率対策補助金が用意されています

レジ・システム補助事業(軽減税率対策補助金)について

今年の10月1日に予定されている消費税率引上げの際には、軽減税率制度が導入され、税率8%と10%、双方の商品を取り扱う事業者は、様々な対応が必要になります。

こうした事業者を支援するため、レジや受発注システムを導入また改修する方への国の補助制度があります。

レジの導入・改修の場合

対象者

軽減税率の対象商品の販売を行っている中小企業の小売事業者等

補助率

原則 3/4
なお、3万円未満のレジ購入の場合、4/5

補助上限

レジ1台あたり20万円、発券機1台あたり20万円
なお、商品マスタの設定等が必要な場合にはプラス20万円で、上限40万円
1事業者あたり上限200万円

完了期限

2019年9月30日までに導入・改修、支払いを完了
注意:2019年12月16日までに補助金を申請する。

 

受発注システムの改修等の場合

対象者

軽減税率制度の導入に伴い電子的に受発注を行うシステムの改修等を行う必要がある中小企業の小売事業者、卸売事業者等

補助率

原則 3/4

補助上限

発注システム:1,000万円
受注システム:150万円

完了期限

2019年9月30日
注意:システム会社に改修を依頼する場合は、2019年6月28日までに事前申請が必要。補助金の交付申請は、原則代理申請となる。

請求書管理システムの改修等の場合

対象者

軽減税率制度の導入に伴い、請求書管理システムの改修等を行う必要がある中小企業の卸売事業者、製造事業者等

補助率

原則 3/4

補助上限

150万円

完了期限

2019年9月30日
注意:補助金の交付申請は、原則代理申請となる。

詳細・お問い合わせについて

内容は、こちらのチラシ(PDF:173.9KB)からもご覧いただくことができます。

補助金の詳細につきましては、こちらの「軽減税率対策補助金」ホームページをご覧ください。

 

お問い合わせは下記の電話番号にご連絡ください。

電話番号:0120-398-111(通話無料)

 

関連ページ:キャッシュレス・消費者還元事業のご案内もご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ