景観重要建造物

景観重要建造物とは

 平成16年に制定された景観法に基づき、太宰府市域において「古都太宰府の風景」を形成するための景観資源となり、地域の良好な景観形成に寄与するものに対して、重要な建造物について、市長(景観行政団体の長)が当該建造物の所有者の意見を聴き、指定を受けた建造物です。

景観重要建造物の指定とは

 景観計画区域内(太宰府市は、市域全体が景観計画区域)の良好な景観形成に重要となる建造物を、太宰府市長(景観行政団体の長)が、建造物の所有者に意見を聴いたうえで、景観重要建造物として指定するものです。
 指定に当たっては、太宰府市景観計画で定めております、景観重要建造物指定の方針及び国で定める基準に従って行います。景観重要建造物の対象は、建造物と一体となって良好な景観を形成している土地その他の物件についても含むことができます。

 指定にあたっては、第三者機関(太宰府市景観・市民遺産審議会)から意見の聴取を行い指定します。指定された場合、これを表示する標識を設置いたします。また、指定された旨を市役所に告示します。

 なお、文化財保護法の規定により、国宝、重要文化財、特別史跡名勝天然記念物又は史跡名勝天然記念物として指定され、又は仮指定された建造物は適用できません。

景観重要建造物指定一覧

景観重要建造物指定一覧は現在作成中です

 

景観重要建造物の指定に伴う義務等

 景観重要建造物の指定をうけると、所有者の管理義務が生じるとともに、現状変更の許可申請の手続きが必要となってきます。

 所有者の管理義務

  景観重要建造物の所有者及び管理者は、その良好な景観が損なわれないように適切に管理を行う義務が生じます。

 現状変更の規制


  景観重要建造物の増築、改築、移転若しくは除却、外観を変更することとなる修繕もしくは模様替え又は色彩の変更を行うには、市長の許可が必要になります。ただし、通常の管理としての軽易な行為、非常災害のための応急措置として行う行為などについては許可を必要としません。

建築基準法の規制緩和の適用

 太宰府市景観計画において定められた太宰府天満宮参道景観保全地区内の建築物について、付庇がある(あった)建築物について景観重要建造物として指定を受けた場合は、太宰府市景観計画育成地区における建築基準法の制限の緩和に関する条例(平成29年施行)により建築基準法第44条(道路内の建築制限)の緩和を受けることができます。この太宰府天満宮参道景観保全地区内における景観重要建造物の詳細は、こちらのページ(太宰府天満宮参道景観保全地区について)をご確認ください。

 

様式一覧

様式第10号同意書(ワード:15.9KB) (PDF:36.5KB)

様式第11号指定提案書(ワード:17.2KB) (PDF:46.4KB)

様式第16号建造物現状変更申請(ワード:17.5KB) (PDF:39.3KB)

様式第19号建造物現状変更完了届(ワード:17.3KB) (PDF:38.8KB)

様式第21号建造物点検報告(ワード:17.3KB) (PDF:35.7KB)


 

この記事に関するお問い合わせ先
都市計画課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。