家庭教育学級生を募集しています

もっと輝く! 元気と笑顔の親育ち・子育ちをめざして、たくさんの方と知り合い、楽しく学びませんか!

対象者

市内在住で市立小中学校に通うお子さんの親

開催日時

5月から2月まで 月1、2回(曜日は不定期) 原則、10時から12時まで
 

場所

主にお子さんが通う学校の教室(講座内容によっては場所が変更されることもあります)

内容

講話、実習、社会・高校見学、合同講座(人権学習会、レクリエーション、教育講演会)、開・閉講式

参加費

1,500円(年間) 実費別途

申込方法

募集チラシ兼加入申込書中にある右下記載の申込書に記入して、社会教育課社会教育係まで提出してください。
募集チラシ兼加入申込書(PDF:1.4MB)


平成29年年間予定表(10月3日現在)(PDF:151.2KB)

こんな特徴があります

所属(加入)する学校(級)ごとに、自分たちで受講したい講座内容の年間計画を立てます。
講師への依頼や講座当日の進行など、ほぼすべての企画・運営を学級生全員で分担、協力しながら楽しく行います。
所属する学級の講座はもちろんのこと、他学級の講座にも参加できます。
兄弟がおられるなどお子さんが複数(小・中学校)の学校に通っている方は、両方の学校(級)に所属することもできます。参加費は1,500円で変わりません。
乳幼児のお子さんを連れてきていただいてもかまいません。
一部自己負担はありますが、ほとんどの講座で託児を利用することができます。
11小・中学校の学級とは別に、特別支援学級や通級指導教室などに通うお子さんを持つ親や関心がある親が集う1学級(特別支援合同学級)もあり、家庭教育学級の中に全体で12学級あります。
 


<社会教育課社会教育係の連絡先>
電話番号:092-921-2121 内線452(平日の月曜日から金曜日、8時30分から17時まで)
ファクス番号:092-921-3667
メールアドレス:s-kyouiku@city.dazaifu.lg.jp

今までにこんな講座がありました

講話

親としてのあり方や家庭の役割についてお話を聞きます。
たとえば、『食育』、『SNSとの付き合い方』、『お子さんが通う学校の先生のお話』、『おこづかい教育』、『子どもの心と体の変化』、『子育て論』など

実習

豊かな心で子どもとふれあうために、親自身が体験学習します。
たとえば、『家庭ですぐにできるかんたんな料理』、『乳製品を使った料理』、『肉まん作り』、『バスボム作り』、『笑いヨガ』など

社会・高校見学

身の回りの歴史物や施設などを見学し、視野を広げます。
たとえば、『博物館』、『県警本部』、『食品工場』、『高校見学』など
 

今までに寄せられた学級生の声

自分達の興味のあるテーマを年度当初に話しあって決められるのがよいと思います。
保護者の友人が増え、学校行事の参加も楽しくなりました。
よかったと思うことを即家庭で活かせました。急に変わりすぎる親に「何かいいお話を聞いてきたの?」とすぐにお見通しです。
子どもと上手に向き合えるようになりました。ガミガミ言わなくなったし、子どもも言い返さなくなりました。
心が元気になるきっかけをたくさんいただきました。
仕事をしていても早めにスケジュールができているので参加しやすいです。
家庭教育学級のことをもっと早くに知っていればよかったです。知らないのはもったいないです。ぜひ、多くの保護者が参加されるといいなと思いました。

この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-3667
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。